便利な納骨堂を見つけて負担を少なくしよう

大切な人を亡くされた方へ

宗派は気にしない

合掌する男女

あなたの家庭にも必ず宗派はあるかと思います。昔までは納骨堂を利用する際に宗派に沿った場所を探して利用するといった手間がありましたが、現代になってそこまで細かく考える必要がなくなりました。

迅速に対応可能

仏壇

人の死というものは、本当に突然訪れるものなので、あなたも一度は家族が亡くなった時にバタバタした経験があるかと思います。まだ家族の死を経験していない人なら特に、今からでも対応できるように準備しておきましょう。

立地から考える

お墓の前で手を合わせる女性

日本では冠婚葬祭のマナーとして、年忌法要というものを行わなければいけません。そうなってくると、いかに通いやすい所に納骨するのかを意識しなければなりませんよね。今流行りの方法をお伝えします。

用途によって

霊柩車

身内がなくなった際に、避けては通れないものとして、納骨があります。納骨とは、遺骨を納めることを指します。
納骨の方法としては、大きく分けて2種類あります。通常の、「お墓」に納骨する方法と、「納骨堂」に納骨する方法です。今回は、それぞれの特徴や、費用などについて説明していきます。
まず一つ目は、通常の、石の「お墓」に納骨するパターンです。費用としては、基本的に、永代使用料、墓石建立費用、管理費がかかります。永代使用料の相場は、東京都内であれば130万円程度が相場、郊外であれば60万円前後が相場となります。
墓石を設置するためにかかる墓石建立費用は、110〜210万円くらいが相場です。管理費に関しては、年間6,000円〜10,000円が相場となります。合計すると、200万円〜300万円程度が必要になるということです。
二つ目は、「納骨堂」に納骨するパターンです。「納骨堂」には、様々な種類があるので、費用に関してはそれぞれ違います。ただ、永代供養付きの「納骨堂」であれば、一人用で50万円、家族用で100万円程度が相場となります。
年間管理料は5,000〜10,000円程度です。「お墓」に比べると、安価であることが分かるかと思います。特に、ロッカー式の「納骨堂」は比較的安い傾向にあります。
ただ、「納骨堂」の詳しい金額に関しては、種類や場所によっても違ってきますので、しっかりとリサーチをした上で、決めていただければいいかなと思います。
「納骨堂」は、子孫にも受け継がれるものですので、慎重に選ぶことをオススメします。